1. TOP
  2. カリウムダイエットとは?むくみ解消・利尿作用・冷え性解消など体質改善にもおすすめ!その理由

カリウムダイエットとは?むくみ解消・利尿作用・冷え性解消など体質改善にもおすすめ!その理由

ダイエットのお嬢様が【カリウムダイエット】を紹介します。
 

カリウムダイエットとは?

カリウムは、私たち人間にとって生命を維持するのに欠かせない栄養素ミネラルの1つで、体内ではほとんどが細胞内液に存在しています。

ナトリウム(塩分)が過剰に体内に存在する時に、体外に排出してくれる働きをするのがカリウムです。

カリウムの摂取量を増やすことによって、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながるとも言われています。

カリウムダイエットを始めよう!

食事制限や運動といったダイエットをしても、なかなかスッキリしないという方はカリウムダイエットを試してみてはいかがでしょう。

カリウムダイエットとは、むくみや脂肪の燃焼を促進させてダイエット効果を得る方法です。

ダイエットは体内のめぐりを改善することが大切です。

カリウムにはナトリウムや余計な水分を排出する働きがあり、塩分の摂り過ぎや運動不足で水分が体内に溜まりすぎている状態を改善し、むくみを解消して顔痩せ、脚痩せ効果が期待できます。

カリウムダイエット

カリウムダイエットの健康効果とは?

カリウムは、細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、常に一定したよい体内状態を維持するのに役立っています。

ナトリウムはとり過ぎると高血圧の一因になりますが、ナトリウムと共に浸透圧を維持し、ナトリウムによる血圧上昇を抑制し、筋肉の働きをよくすると言われています。

カリウムダイエットとは

むくみを解消

過剰な塩分を排出

食事などで摂取した塩分により体内のナトリウム濃度が濃くなると、体は水分を取り込んで濃度を薄めようと働くのですが、この水分がうまく排出されないとむくみの原因になるのです。

カリウムには体内の塩分濃度を調節する作用があり、余分な塩分を体外へ排出してくれるので、むくみの予防や軽減に大きな効果を発揮します。

利尿作用

体内におけるナトリウムとカリウムのバランスは、およそ2:1の割合で保たれるように働く調節機能があり、カリウムは体内の水分を利用して過剰分を尿として排出し、このバランスを保つという特徴があります。

つまり、カリウムを摂取することで体内の水分調節、利尿作用が働くのでむくみの解消になるのです。

カリウムダイエットむきみ

冷えや血流の悪さを改善する

むくみがあると溜まった水分によって血管やリンパ管が圧迫されてめぐりが悪くなるので、脂肪の燃焼効率が低下してしまいます。

カリウムを摂るのは脂肪燃焼効果に繋がるのです。

基礎代謝量アップ

カリウムは細胞の酵素の化学反応をコントロールする働きも持っています。

化学反応がスムーズに行われると、エネルギー代謝を活性化させるので生命維持活動を行う上で消費される基礎代謝量もアップします。

基礎代謝の量が増えればそれだけで痩せやすい体になるということなのです。

カリウムダイエット代謝

カリウムダイエットにおすすめの食品は?

カリウムダイエットをする場合、どうやってカリウムを効率よく摂取するかということがカギになります。

カリウムは、ほとんどの細胞の中に存在することから広く食品に含まれますが、
特に

  • バナナ、メロン、アボカドなどの果実類
  • ほうれん草などの野菜類
  • さつまいもなどのいも類
  • 大豆や小豆などの豆類
  • 魚類
  • 肉類
  • 海藻類
  • きのこ類

に多く、コーヒー、紅茶、お茶などにもカリウムが含まれています。

カリウムダイエット食品

カリウムは不足させてはいけませんが、逆に過剰摂取も副作用のリスクが高まります。

カリウムの摂取量

基本的なカリウム摂取量は、

成人男性は2500mg、成人女性なら2000mgとされていて、成長期の15歳から17歳は、男性の場合だと2700mg摂取した方が良いとされています。

多めに取った方がいい人

     

  • 汗や利尿の多い人
  •  

  • 塩分のとりすぎ
  •  

  • 加工食品にたよりがち
  •  

  • アルコールを飲む人

こういった方は、普段から意識してカリウムを補うようにしましょう。

上限量について
カリウムは過剰に摂取しても腎機能が正常であれば、腎排泄により余分な量は尿中へと排泄されます。
しかしカリウムの取りすぎにより高カリウム血症を引き起こすことがあり、腎機能に障害のある方は過剰症には注意が必要です。
高カリウム血症では不整脈や血圧低下のほか、心停止などを引き起こすことがあります

カリウムダイエット効果

カリウムダイエット:カリウムを効果的に摂取するには?

カリウムは水に溶け出しやすい

野菜などを煮たり茹でたりすると大半が水の中に溶け出してしまいます。

カリウムを効果的に取り入れるためには、果物を食べたり生野菜のサラダにしたり工夫をしましょう。

水洗いする場合も長時間水にさらさずに使用するようにしましょう。

カリウムダイエット注意点

カリウムは熱を加えても変化しにくい

カリウムは熱を加えても変化しにくい栄養素です。

ただ煮るなど水と一緒に熱を加えることでその水の中に溶けでてしまいます。

カリウムダイエットおすすめ

煮汁も一緒に

水に溶け出してしまっても、そのカリウムをむだにしないように、煮汁も一緒にいただけるスープなどにして食べるのも効果的です。

生野菜よりもスープなどで茹でた野菜のほうがたくさんの量を食べることができるので、おすすめの食べ方です。

これらの点に気をつけながら、効率よく意識してカリウムを摂取しましょう。

カリウムダイエット摂取

カリウムダイエットにおすすめのレシピは?

鮭とじゃがいものグラタン(鮭400mg/100g)

カリウムダイエット料理

野菜たっぷりのほうれん草ポタージュ(ほうれん草490mg/100g)

カリウムダイエット レシピ

アボカド納豆(アボカド720mg/100g 納豆660mg/100g)

カリウムダイエット アボカド

切り干し大根のサラダ(切り干し大根(乾燥)3200mg/100g)

カリウムダイエット 大根

忙しい朝などにオススメなのは、ジューサーで作れる小松菜キウイバナナのスムージー(小松菜140mg/100g キウイ290mg/100g バナナ360mg/100g)です。

カリウムダイエット スムージー

カリウムダイエットの体験談

肌の調子がよくなりました

新しいダイエットを実践することが好きなので、カリウムダイエットを行いました。
利尿作用を高める効果が有るカリウムを多く含んだ食品を摂取することで、今まで辛かったむくみがなくなることが嬉しかったです。
だるさがなくなったことで、元気に活動することが出来ています。
植物性食品を多く食べるようになることから、便秘解消に繋がり、肌の調子がよくなるなど、良い事ばかりだったので嬉しいです。
見た目もすっきりとして見られるようになって、簡単に行えるダイエットだったので、満足しています。

便秘解消におすすめ

座りっぱなしの仕事から、帰路に付くと電車の中でむくみが気になっていました。
元々食生活も乱れていたので、この機にカリウムダイエットを始めました。
毎朝バナナを食べることで、便秘解消につながるようになりました。
海藻類も利尿作用を高める効果が有るという事なので、和風スープを飲む際に乾燥ワカメの量を増やしたり豆やお芋を食べたりしました。
だるさがなくなったことをすぐに実感し始めて、むくみがなくなることや肌の調子がよくなるといった嬉しい効果が有りました。
これからも食生活においてカリウムを多く摂取していこうと思いました。

Summary
Review Date
Reviewed Item
カリウムダイエット
Author Rating
51star1star1star1star1star

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットのお姫様の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットのお姫様の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 8時間ダイエットやってみたよ!:1日に食事をする時間を8時間以内と制限

  • 丹田呼吸法ダイエットで得られる5つの効果

  • 【ユーグレナ体験】お母さん太ってるよ!子供に言われたママの3ヵ月後

  • リバウンドしにくいダイエットなら”ケトン体ダイエット”がおすすめ!糖質制限ダイエットとの違い

  • 足踏みダイエットとは?自宅で簡単にできる効果的なダイエット

  • 山田優さんもやってる水素水ダイエット:水素水で得られる5つの効果を発表!!