1. TOP
  2. ダイエット方法
  3. コーヒーダイエット
  4. コーヒーダイエットで脂肪燃焼!コーヒー飲み方・飲むタイミング

コーヒーダイエットで脂肪燃焼!コーヒー飲み方・飲むタイミング

コーヒーダイエット ダイエット方法 この記事は約 8 分で読めます。 413 Views

ダイエットのお嬢様が【コーヒーダイエット】を紹介します。
 

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットは運動・入浴前などにコーヒーを飲むダイエット方法です。

私たち日本人は、全体のポリフェノール摂取量のうち約半分の量はコーヒーから摂っていることが明らかにされています。

アンチエイジングにも欠かせないポリフェノールは、コーヒーを飲む量が多い人ほどその摂取量が多いそうです。

カフェインの脂肪を分解し燃焼しやすくしてくれる働きを利用したダイエット方法で、コーヒーを飲んだ後の運動やマッサージの効果が格段に上がり、ダイエット効率を大幅アップさせてくれます!

コーヒーダイエットの基本:カフェインとクロロゲン酸で脂肪を分解・燃焼

カフェインは、「リパーゼ」という消化酵素を活発にさせる働きがあります。

リパーゼは脂肪を分解する酵素です。

脂肪はそのままでは燃焼されず、リパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されて燃焼します。

さらにコーヒーは、「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種を含んでいます。

クロロゲン酸も脂肪の分解を促し、体への脂肪の分解を促進する効果があります。

コーヒーダイエットは、カフェインとクロロゲン酸の相乗効果で次第にスリムな体型になるといわれています。

不規則な食生活が影響して、痩せにくい体質になってしまった人に作用して、痩せやすい体になるように導いてくれます。

コーヒーダイエット

コーヒーダイエットの効果

血行を促進して代謝を上げる

コーヒーのカフェインには、体の血行を促進する効果があります。

そのため、全身の血流が良くなって隅々まで血液が届き、体温も上がる効果があるのです。

こうしたカフェインの血行促進効果は、体の代謝を上げるのでダイエットをしやすい体になります。

また、体温が上がれば冷え性の改善にもなり、血流が良くなれば、血行不良でおきる肩こりなどの体のコリを解消することもできます。

コーヒーダイエットとは

老廃物を排出によるむくみを解消

カフェインには利尿作用があるため、体にたまった余分な水分や老廃物などを尿として排出することができます。

そのため、余分な水分や老廃物などによる「むくみ」を解消して、スリムな体型を作るためにも有効です。

むくみは、体重以上に太って見えてしまう厄介なもの。

また、むくんだ状態が続くと、むくんだ場所の老廃物と脂肪が結合してセルライトができてしまいます。

セルライトをつくらないためには、むくみの原因となる老廃物を早く排出する必要があります。

そのためにも余分な水分や老廃物を排出して体にためないことが大切です。

コーヒーダイエット効果

便秘解消にも役立つ

カフェインの利尿作用効果に加え、カフェインには腸の収縮をする神経を刺激する効果があるといわれ、腸の運動を促進して便が排出されやすくなり、便秘解消の効果も得ることができるのです

とくに普段コーヒーを飲まない方は、効果を受けやすくなるといわれています。

コーヒーダイエット便秘

生活習慣病を予防する

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、血管の健康状態を維持する効果があり、血管の健康状態が悪化して起こるといわれる高血圧や糖尿病、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができると言われています

コーヒーを良く飲む人と飲まない人を比べた場合、コーヒーを良く飲む人は、生活習慣病の発生リスクが低いことが調査で分かっています。

コーヒーダイエット生活習慣病

リラックス効果

私たち人間は香りに敏感で、どんな香りを嗅ぐかで体に影響が表れます。

いろんな香りがある中で、コーヒーの香りは脳にα波を生じさせて、リラックスをさせる効果があるのだとか。

街中のカフェの前を通りかかった時に、コーヒーの香りを嗅いで「ホッ」とするのは、そのためなんですね。

頭や体が疲れた時に、コーヒーを飲みながら香りを楽しんで、頭と体をリラックスさせるのも良いかもしれません。

独特な苦味や酸味があるのが特徴ですから、ケーキなどのお菓子の風味付けとしても使えます。

お菓子にコーヒーが入れば、砂糖が少なくても味わいは複雑になるため、低カロリーでも満足感を得ることが十分に可能です。

本来は嗜好品として利用される飲み物ですが、ダイエットを最大の目的として使う場合には、食事制限によるストレスを解消するためにも役立ちます。

コーヒーダイエットリラックス効果

コーヒーダイエットのやり方

コーヒーダイエットは、ただやみくもにコーヒーを飲むわけでなく、コーヒーの種類や飲むタイミングをしっかり守ることで、ダイエット効果を最大限に引き出すことができるのです。

ドリップコーヒーを飲む

コーヒーで脂肪を燃焼させるには、カフェインとクロロゲン酸の役割が重要になります。

コーヒーを簡単に飲めるインスタントコーヒーは、カフェインとクロロゲン酸の量が少ないので、ドリップコーヒーを選ぶようにしましょう。

もちろん時間がない場合は、インスタントコーヒーでもかまいません。

またクロロゲン酸は熱に弱い性質があるので、コーヒー豆は、深煎りではなく浅煎りのものを選んでドリップするとダイエット効果が高まります。

コーヒーダイエット効果

ホットコーヒーにして飲みましょう

ダイエットのためにコーヒーを飲むなら、ホットコーヒーで飲むようにしましょう。

なぜなら、ホットコーヒーにした方が、カフェインやクロロゲン酸などの成分をより効率良く吸収できるのです。

さらにホットで飲むことで、内臓が温って体を中から温めることができ、内臓の働きが活発になり代謝が上がるので、体を痩せやすい状態にできます。

ホットコーヒーをつくる際、熱湯を使ってしまうと熱でクロロゲン酸を失ってしまいます。

熱湯は使わずに80℃程のお湯でホットコーヒーをつくると、クロロゲン酸を失わずダイエット効果が高まります

コーヒーダイエット飲み方

砂糖やミルクを入れずにブラックで

コーヒーはブラックで飲みましょう。

コーヒーが苦手な方は、コーヒーを飲むのに砂糖やミルクを入れたくなると思います。

コーヒーは何も入れなければ0kcalですが、砂糖やミルクを入れるとカロリーが増えてしまいます。

どうしてもブラックコーヒーが苦手な方は、砂糖やミルクを入れる量を抑えましょう。

コーヒーダイエット砂糖

コーヒーダイエットの飲むタイミング

コーヒーは食後に飲む

ダイエットを目的としてコーヒーを飲むなら、食後に飲むようにしましょう。

コーヒーは食事で体に入ってくる脂肪、そして体にたまった脂肪の両方を燃焼させる効果があります。

食事をして消化をするタイミングを見計らってコーヒーを飲むことで、体に脂肪がたまらないようにできるのです。

また、運動をする前にコーヒーを飲むのも効果的。

運動する30分くらい前にコーヒーを飲めば、脂肪が分解された状態で運動ができるので、運動での脂肪燃焼効果が高まります。

コーヒーダイエット脂肪燃焼

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーは、いつでもお手軽に飲める反面、間違った飲み方をすると、逆に体に害を及ぼすことがあります。

次の注意点を守って、コーヒーダイエットをするようにしましょう。

空腹時のコーヒーは避ける

コーヒーに含まれるクロロゲン酸は、ダイエットをするた方にとってうれしい成分ですが、その一方、胃酸の分泌を促進させる効果があります。

胃酸過多

そのため空腹時にコーヒーを飲むと、空腹なのにも関わらずクロロゲン酸の効果で胃酸が分泌され、その胃酸のせいで胃が荒れてしまいます。

食後にコーヒーを飲むなら、胃の中に食べ物がありますので、胃酸が分泌されても消化の役に立ちます。

空腹時のコーヒーはなるべく避け、胃を健康に保つようにしましょう。

コーヒーダイエット空腹時

コーヒーを飲み過ぎない

ここまでご紹介してきたように、コーヒーには素晴らしいダイエット効果があります。
でも、いくらコーヒーがダイエットに良いからといって、大量に飲むのは良くありません。

1日のカフェインの摂取量

濃さにもよりますが、カップ1杯のコーヒーに含まれるカフェインの量は約150ml、1日のカフェインの摂取量の上限は、1日300ml~350ml(2~3杯)といわれています。

飲みすぎに注意しましょう。

コーヒーダイエット飲みすぎ

就寝時間に近づいたらコーヒーを飲まない

就寝時間に近づいてからコーヒーを飲むと、カフェインの覚醒作用で眠れなくなってしまいます。

ダイエットをする上で、睡眠は重要。

良質な睡眠をとるとことはダイエットにつながります。

就寝時間に近づいてからコーヒーを飲むと、かえってダイエットしにくくなってしまうので気をつけましょう。

コーヒーダイエット就寝前

美味しくコーヒーダイエットを活用

コーヒーダイエットでは脂肪燃焼の効果が期待できますが、カフェインの摂り過ぎにも気をつけなければ、弊害を受けることも考えられます。

寝る前に利用することは避けて、日中の活動中に飲むことが大切です。

飲み過ぎには注意して、上手に美味しくダイエットに活用してみてくださいね。

【参考サイト】

>>エクササイズコーヒー

Summary
Review Date
Reviewed Item
コーヒーダイエット
Author Rating
51star1star1star1star1star

関連記事

  • ファイブファクターダイエット:食事内容の5つのルールをまとめました

  • デブ・ブスと言われ続けて育った私の半生。元彼はただのデブ専だった♥

  • 簡単に痩せる!?よく噛むダイエットの真のやり方(噛む習慣をつけましょう)

  • 「痩せる菌」と「太る菌」、腸内フローラダイエット・菌活はじめませんか?

  • 忙しい日々の中でできる【家事をしながらダイエット】を成功させる方法

  • コンブチャクレンズダイエットとは?紅茶キノコのすごい効果が再熱中!!