1. TOP
  2. 美容
  3. ヘスペリジン
  4. ヘスペリジンとは?冷え性に悩み、からだを温めるヘスペリジン情報

ヘスペリジンとは?冷え性に悩み、からだを温めるヘスペリジン情報

ヘスペリジン この記事は約 13 分で読めます。 1,441 Views
    ヘスペリジン

    このページをご覧になっているということは、冷え性に悩み、からだを温めるヘスペリジンの情報を知りたい!方ですね。

    毛細血管を強くし、あわせて血流を良くなることで冷え性改善に絶大な力を発揮する

    【ヘスペリジン】の特徴・効果を紹介します。

    注目記事
    手足の冷え、肩こり、ニキビ、身体の不調の原因になることもある冷え性とは

    冷え性対策にヘスペリジン

    手足が氷のように冷えてしまう症状に悩んでいる女性はとても多いです。

    東洋医学では、冷えがすべての体の不調、健康を阻害すると言われています。

    そこで、体温を上げ、免疫力が高める必要があるのです。

    身体を温める働き

    体を温める食材といえば、生姜やネギを思い浮かべる人が多いですが、

    実は、みかんにも体を温める働きがあります。

    みかん 体を温める

    みかん:みかんの皮

    みかんの皮には、毛細血管を強くして血液の流れをスムーズにするヘスペリジンという成分が含まれています。

    ヘスペリジンには、抗酸化作用や抗アレルギー作用もあり、血液の流れが良くなるので、冷え性の改善も期待できるのです。

    冷え性で悩む女性の中には、夜、手足が冷えて眠れないという人も少なくありません。

    しかし、冷え性が改善することで、ぐっすりと眠れるようになった人も多いです。

    また、体温が上がることで、リンパの流れも良くなるので、むくみも解消にも期待ができます。

    冷え性に悩む女性におすすめのサプリメントならαGヘスペリジン

    αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンをご存知ですか?

    その名の通り、ヘスペリジンが配合された江崎グリコから出ているサプリメントです。

    ヘスペリジンは、みかんの中でも青みかんに豊富でビタミンPともいわれています。

    そのヘスペリジン(ビタミンP)を豊富に配合したのがαGヘスペリジン+ナノヘスペレチンです。

    足のむくみ

    αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

    肌の新陳代謝

    肌の新陳代謝も促進されるので、肌の状態にも良い影響を与えます。

    ヘスペリジンは、安全性が高いことも特徴です。

    αGヘスペリジンには、みかん30個分のヘスペリジンが含まれています。

    αGヘスペリジンに含まれている糖転移ヘスペリジンは、吸収率が通常のヘスペリジンよりも高いので、おすすめです。

     

     

    健康的な毎日のためにαGヘスペリジン

    最近、αGヘスペリジンというサプリメントに注目が集まっています。

    αGヘスペリジンは、健康を維持するために、20年という期間をかけて開発されたサプリメントなのです。

    このサプリメントには、糖転移ヘスペリジンとナノヘスペレチンという成分が含まれています。

    糖転移ヘスペリジンとナノヘスペレチンは、冷え性を改善する働きがあります。
    冷え性で貧血

    日本人女性は、冷え性で悩む人が多いです。

    個人差はあるものの、女性の半分から7割くらいの人が、冷え性に悩んでいると言われています。

    貧血・低血圧

    男性に比べて女性は、元々熱を作る筋肉が少ないのです。

    そのため、皮膚の温度が低く、貧血や低血圧に悩む人も多いです。

    生理の影響によって、腹部の血液の流れが滞りやすいことも、冷えの原因となります。

    αGヘスペリジンは、みかん30個分のヘスペリジンが1粒に凝縮されて含まれています。

    毛細血管を強くする効果

    ヘスペリジンは、柑橘類に多い成分で、毛細血管を強くする効果があります。

    最近の研究で、血圧を抑制する作用や、中性脂肪に働きかける作用などもあることがわかっています。

    そのため、日本で問題となっている、生活習慣病の予防にも役立ちます。

    αGヘスペリジンは、正常な体温を保って、健康をサポートしてくれる、心強い味方なのです。

    αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

     

    冷え性対策に抜群のストレッチとは

    日に日に寒さが増してくるに従って、体の冷えを感じる人は多いと言えます。
    そんな冷え性対策にピッタリの、ストレッチを紹介します。

    まず冷え性対策にあたっては、自分がどういった冷え性を抱えているかを知る事が重要です。

    四肢末端型冷え性

    冷え性の代表的なものの一つとして挙げられるのは、四肢末端型冷え性です。

    冷え性ストレッチ

    これは手や足の先、まさに四肢の末端が冷えてしまうタイプです。

    この症状の冷えを抱えている方は、一般的には痩せている人に多いと言えます。

    ストレッチ方法としては、椅子に座った状態で、片足をもう片方の膝の上に置き、手で足の指全体を内側に曲げます

    この時に足の甲を伸ばす感覚で行う事が重要です。これを約5秒行い、左右の足で5回ずつ行います

     

    下半身型冷え性

    次に下半身型冷え性です。
    これは下半身が冷える事により、上半身を始め、頭に熱がこもってしまうといったタイプです。

    デスクワークなどを行っている人に多く、同じ姿勢でいる為に腰回りの筋肉が硬直し、下半身に充分に血液が流れなくなる代わりに上半身に血液が溜まり、熱がこもると言ったものです。

    ストレッチ方法としては、
    椅子に座った状態で、片足をもう片方の膝の上に置き、膝の上に置いた足を上から強く押します。この時に臀部の側面を伸ばす事が重要です。これを約5秒行い、左右の足で5回ずつ行います。
    冷え性ストレッチこれらは冷え性対策に効果が期待出来るストレッチ方法であると言え、これらを行う事により症状の改善に繋がると言えます。

     

    末端冷え性にお勧めの運動

    女性にとても多い悩みの中に末端冷え性は必ず取り上げられます。

    寒くて寒くて眠る事さえ困難と言う方も中にはいて非常に進行な悩みになる方も居ます。

    日中も手足が冷えて細かく震える方が冬場になると辛そうにしている事が多くありますし、眠る前に氷の様になってしまう手足の症状を訴える方は本当に沢山居ます。

    末端冷え性

    食生活を気を付けていても直ぐに改善は難しいのですが、毎日に簡単な運動をプラスする事で改善になると言う方も非常に多いので試す事をお勧めします。

    会社や台所でも簡単にできる運動で、手のひらを真直ぐに伸ばし握りしめて離すグーとパーを繰り返す運動がありますが、数回行うだけで血行が良くなってきて手のひらに赤みが差してきます。

    他に椅子に座った時等に両手両足をぶらぶらさせるだけの運動ですが、非常に末端冷え性の方には御勧めで足がポカポカしてくる実感がすぐに解ります。

    また少し細かい動きですが指の爪先や足の爪先を刺激する事も非常にお勧めで、指の爪の生え際で指の側面をもう一方の手でぎゅっと挟みます。

    これを各指に3回4回行うと末梢神経を刺激して血行の流れを良くしてくれ温まって来るのが解ります。

    末端冷え性の改善はサプリメントも効果的ですが、身体に刺激を与える事で一層効果を得られます。

    オフィスでできる末端冷え性対策

    末端冷え性は、手足の血行が悪くなりうまく熱を発生・循環できなくなることで起こります。

    人間の体が熱を作り出すには筋肉が運動することが必要ですが、オフィスではほとんどデスクから離れず座りっぱなしなので筋肉を動かすことが少なくなります。そのため、血流が滞り冷えを感じます。

    また、長時間同じ姿勢をしているために筋肉が固まり血管も狭くなって血行が悪くなるので、特に体の中心から遠い手先や足先は冷えやすくなります。これが末端冷え性です。

    末端冷え性 オフィス

    末端冷え性を改善するには、体を温めることが効果的です。特に、デスクワーク中はほとんど動かすことがない足先は、足元に小型
    ストーブを置いたり、ひざ掛けを使ったり、可能であれば温熱効果のある靴下を履くとよいでしょう。

    手先はオフィスで温めることは難しいので、活発に動かしたり、休憩時間に軽く手を揉むなどしましょう。また、手足だけでなく肩やお腹まわりを温めると、体感温度が変わるだけでなく大きな血管の血流が良くなり体温が行き渡りやすくなります。

    ただし、あまり過保護に暖め過ぎると体が本来持っている自己発熱機能を衰えさせてしまう原因にもなります。そのため、気が付いた時にこまめに手足を動かしたり、昼食時に野菜たっぷりの温かいスープを飲むなど、運動や食事面から体を温める工夫も併せてするとよいでしょう。

    冷え性を解消するためにグッズを使う

    冷え性は女性が良く悩んでいるというイメージがあるかもしれませんが、近年では男性でもかなり冷えを感じている人が少なくありません。その為、何とか解消するいい方法はないかと探していたりする姿も良く見かけるようになりました。

    グッズ類の販売も昔から数多くあるわけですが、その中でも今は靴下に人気が集まっています。重ねて履くタイプのものや、シルクを使って保温効果が高いものなどいろんなものがありますので、自分のサイズに合うものを活用してみて下さい。自宅でゆっくり寛ぐ時にも冷え性対策として、レッグウォーマーを履いておくのもよいでしょう。

    冷え性グッズ

    腹巻などもありますし、首周りを温めるものもネックウォーマーもありますので、必要に応じてこれらも使っていく事でしっかりと体を温めて冷え性を改善しやすくなります。湯たんぽなども昔ながらのものですが程よく体を温めてくれますし、家電製品でも足を温めるのに使いやすいいろんなグッズがあるので、予算に応じて買い求めてみましょう。

    一度冷えを感じたらこれを解消するのは中々大変です。日々の生活で体を冷やさないよう、上着を一枚羽織ったりブランケットを利用するなど、様々なグッズを使いこなして冷えを撃退しましょう。

    冷え性解消のためには運動を行おう

    冷え性の人は運動不足の人が多いと言われています。人間の身体の熱を生産するのは筋肉です。

    身体を動かすことで身体が温かくなるのは、筋肉が動いたからです。筋肉が動くと、それに合わせて血液も身体中に巡るため、暖かい血液が身体の芯の内臓や筋肉を温めて、身体の内側から温まってくるのです。

    冷え性運動

    しかし、冷え性の人で「寒い」と言って厚着をして暖かい部屋の中に籠もっているだけでは身体に熱を発生させる筋肉が衰えてしまい、逆に冷え性が悪化してしまう可能性があるのです。冷え性解消のためには、運動不足の解消が効果があるのです。

    一言で運動と言っても多くの種類がありますが、筋肉をつけるものと長時間ゆったりと行って、身体に酸素をとりいれるもの、どちらも重要になってきます。

    一度筋肉をつけると、人間が意識しなくても勝手に動いている呼吸器や消化器、心臓など、基礎代謝と呼ばれるものが上昇します。これは筋肉が多い人ほど高い値になるのは研究の結果で証明されています。

    しかし、長い間何もしてこなかった人が、いきなりきついものを行っても、それを長期間続けていくことは難しいでしょう。まずは簡単に行えるものから継続していくことが重要になります。

    冷え性を解消する為に重要なツボとは

    冷え性を解消する為に、ツボを押してみたいと考えても、それ自体を探すのが大変で、結局よくわからないままでいるといった方も多くいらっしゃいます。
    冷え性のツボ
    しかし一般的にツボとは、神経が交差する場所にあるものであると言えます。
    その為、その部分を押して刺激を与えると、血管が広がりを見せ、体に熱が発せられる様になるという様になります。
    更には自律神経という、血管に大きく働きかけているものに刺激を与える事により、冷え性の解消にも大きく繋がっていくと言えます。

    足先の冷えで悩んでいる人に効果的なのが、太衝という足先の冷えを解消する場所です。
    これは足の甲にある、親指と人差し指の交差するところにあり、この部分を押します。

    その他には太谿といって、不必要な水分を排出し、冷えの原因を解消する場所です。
    足首の内側にあるもので、くるぶしとアキレス腱の間にある窪んだ部分を押します。

    これらを押す事により、足先の冷えに効果的であると言えます。

    次に足先は冷えてても顔や頭に熱がこもっているといった方に効果的なのが、三陰交という場所です。
    これは足の内側にある、くるぶしの上にある窪んだ部分を押します。

    その他には至陰といって、熱がこもっている状態を開放する場所です。
    足の小指の爪の、外側の生え際部分を押します。

    これらは冷え性に効果的なツボであると言え、冷えに悩んでいる方は取り入れてみるべきであると言えます。

    αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン

    靴下は冷え性対策になるのでしょうか

    “足など末端の冷え性対策に靴下を履いている人が多いですが常に履いていたり重ね履きをすることによって足先を締め付けてしまい血行不良になり逆効果になってしまうことがあります冷え性対策にとやってしまいがちですがまずはこれをやめて薄めのものに変えてみてください。得に寝ている時には布団の中で熱がこもっているのに靴下をはいて余計に熱がこもり汗などをかくことにより汗が蒸発する時に一緒に足の熱が奪われていきます。はじめは暖かく感じますが結果余計に足を冷やして靴下 冷え性対策いる事になってしまいます。
    今まで締め付けていた足首を回し血行をよくしていくことによって新たな毛細血管が増えていき温まりやすい足先に成長していきます。
    靴など履くときには5本指のものが良いでしょう。指先が自由に動き血の流れを良くすることができるからです。足には自分で温める力はあるのですが暖かい靴下などを常に履いて外からばかり温めていると自ら熱をうみだす力が無くなっていきます。
    どうしてもという方には足先の自由になるレッグウォーマーのようなものがおすすめです。
    冷え性対策を考えている方は靴下を履くことをやめて足首の運動をし血の流れをよくし足の先まで暖かい血を回らせ自らの体温を上げる事を心がけ行くのが良でしょう

    血流を改善する効果が期待できるαGヘスペリジン

    青みかんなど、柑橘類の皮などに含まれている栄養素に、ヘスペリジンというポリフェノールがあります。
    ヘスペリジンは、抗酸化作用があり、末梢血管を強くする働きがあります。
    血流を改善する効果のため、血液の流れを改善し、高血圧を予防すると言われています。昔から、みかんの皮は、乾燥させて漢方として使われるくらい健康に良いものでした。ヘスペリジンは、完熟したみかんよりも青みかんに多く含まれています熟してしまうと、ヘスペリジンの量が減ってしまうのです。ヘスペリジンを摂取すると、末梢血管の血流が改善され、体温が上がります。そのため冷え性にも良い栄養素と言えます。日本人女性は、手足が冷える人が多いのですが、ヘスペリジンを摂取することで血流が改善され、冷え性の改善が期待できます現在冷え性の女性のためのサプリメントとして注目を集めている商品があります
    それは、αGヘスペリジンです。αGヘスペリジンは、20年という年月をかけて開発された商品でヘスペリジンの吸収性を高めた糖転移ヘスペリジンとナノヘスペリジンが含まれています。吸収性が高まることで、さらに冷え性を改善するパワーが強くなっているのです。αGヘスペリジンは、寒い季節から冷え性の女性を守ってくれるサプリメントです

    冷え性と足つぼについて

    “冷え性はとてもつらいものですが、足つぼを利用することで、劇的に改善できる場合があります。足には、とてもいろいろな体のつぼが通っており、特に冬場には体が冷えるため、足も冷えやすくなってしまいます。
    冷え性と足つぼのため、足つぼをしっかりと行うことで、足だけでなく体までぽかぽかとしてくることがあります。また血行がよくなることで、肩こりなどが治るケースもあります。リフレクソロジーなどの足つぼ店舗では、まず、あたたかいお湯に足を入れて、冷え性を取り除いてくれる他に、まず足をあたためてから、しっかりとマッサージをしてくれます。痛いと感じた箇所が、体の不調などを訴える部分であり、たとえば女性であれば生理前や生理中には、足のかかとの部分が特に痛いと感じることがあります。
    生理の時には、冷え性もなお一層ひどいものになるため、足つぼはとても効果的です。1人でおこなう場合には、ゴルフボールなどをつかって、足を刺激するだけでも、とても効果があります。その場合には机などに手を置いて、ちょうどいい高さの椅子に座り、ゴルフボールを足で転がす、踏んでみる、などをおこなっていくと、凝りがある部分などがわかり、冷え性の改善にもつながります

    \ SNSでシェアしよう! /

    ダイエットのお姫様の注目記事を受け取ろう

    ヘスペリジン

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    ダイエットのお姫様の人気記事をお届けします。

    • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
    • フォローしよう!

      この記事をSNSでシェア