1. TOP
  2. 丹田呼吸法ダイエットで得られる5つの効果

丹田呼吸法ダイエットで得られる5つの効果

丹田呼吸法ダイエットとは

丹田呼吸法ダイエットとは、丹田に意識を集中して腹式呼吸を行うことでインナーマッスルの1つである腹横筋を鍛えるとともに精神を安定させ、ストレスによる過食を防ぐというダイエット法です。

丹田ってどこ?

丹田とは、東洋医学でよく出てくる場所でへその下にあります。

人間の活力の源となるエネルギーを宿している場所とも言われています。

丹田呼吸法ダイエット

丹田呼吸法ダイエットの効果

お腹周りがすっきりするダイエット効果:丹田呼吸法ダイエット

インナーマッスルは鍛えてもそれほど体積が増えることはなく、しかも周りの脂肪も燃えやすく、さらに、一度ついたらなかなか筋肉が衰えないという特性を持っています。

鍛えにくく落ちにくいインナーマッスルですが、これを鍛える方法の1つが丹田呼吸法なのです。

丹田呼吸法は、特にお腹周りの脂肪を落とす効果が期待できるのです。

腹式呼吸によってインナーマッスルのうちの1つである腹横筋を鍛え、しかも精神を安定させるという副効果もあります。

精神が安定すればストレスによる過食を防げますから、二重の意味でダイエット効果があります。

丹田呼吸法ダイエットとは

血液循環を整える:丹田呼吸法ダイエット

血液の循環が悪いと様々な症状を引き起こして、太りやすくなってしまいます。

血液の流れが悪いことで起こる症状としては、冷え性やコリ、頭痛や腰痛、疲労感があったり、血圧が高いなどがあげられます。

女性の場合には妊娠しづらくなったり、肌の調子も悪くなることがわかっています。

体の中に十分に酸素を届けられない状態でもあるため、これらの症状以外にも様々な体調不良になることもあります。

丹田呼吸法ダイエット効果

丹田呼吸によって丹田に力が入ると、腹圧によって横隔膜が静脈ポンプの働きをし、肝臓と脾臓の中にある血液を強い力で心臓の方に送り出します。

その結果、全身の血液循環が良くなるのです。

丹田呼吸は血行が良くなるため、高血圧などの生活習慣病の予防にも役立ちます。

また、体が温まることによって冷えの予防にもなり、肩こりや腰痛の改善も期待できます。

丹田呼吸法ダイエット肩こり

自律神経を整える:丹田呼吸法ダイエット

呼吸は唯一、「自律神経をコントロール」する手段です。

息をゆっくり吐き出すようにすると、副交感神経を刺激しリラックスすることができるのです。

丹田呼吸には、自律神経を整えてくれるという効果も期待できます。

自律神経というのは交感神経と副交感神経という2種類の神経からなっています。

交感神経は身体が活発に活動しているときに優位になり、副交感神経はゆったりとリラックスしているときに優位になると言われています。

しかし、日々の疲れやストレスなどが蓄積することで交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、身体にさまざまな不調をきたすようになると言われているのです。

肩こりやめまい、頭痛などといった日常的な症状から、ひどい場合には不眠症やうつ病などの精神疾患にも繋がってしまうと考えられており、忙しい現代人にとっては非常に大切なものです。

丹田呼吸法ダイエット精神安定

丹田呼吸で交感神経と副交感神経のバランスが整うことで期待できる効果は、リラックス効果やホルモンバランスの改善、さらにはストレス耐性アップなどがあげられます。

ホルモンバランスの改善は生理痛や生理前症候群にも関わってくるものですから、女性にとっては見逃せないポイントです。

そして、これらの相乗効果で健康で美しい身体を手に入れることができるのです。

ダイエットはもちろんのこと、ただ痩せるだけではなく健康にもなれるということです。

丹田呼吸法ダイエット生理

代謝・免疫力の向上:丹田呼吸法ダイエット

血液循環が悪いと様々な症状が出てきてしまいます。

体温が低くなるだけではなく、頭痛や便秘、疲れやだるさ、肩こり、腰痛や腹痛にむくみ、肌荒れなどです。

消化吸収も悪くなり、風邪などの病気にもかかりやすくなってしまいます。

血液の流れを良くすることによって、様々な症状を改善するだけではなく新陳代謝の向上や免疫力アップを期待することができます。

病気にかかりにくくなる上に、シミやシワ、肌あれ、ニキビ、乾燥などの肌トラブルの改善にもつながっていきます。

血液循環を良くする方法としては、まずリラックスすることが大切です。

深呼吸を行うだけでもストレスの改善になり、丹田呼吸によって十分な酸素を体中に行き渡らせ、細胞が活性化することで免疫力が向上するのです。

丹田呼吸法ダイエット代謝

姿勢がよくなる:丹田呼吸法ダイエット

ダイエットを行うときにはインナーマッスルを鍛えると効果的です。

インナーマッスルとは深層筋とも呼び、体の奥にある筋肉です。

このインナーマッスルは主に姿勢を調整したり、関節の位置を正常に保つなどの働きがあります。

インナーマッスルを鍛えると、他の筋肉の負担が少なくなり、効果として姿勢が良くなることがあげられます。

姿勢が良くなると、体の歪みを改善し、肩こりや腰痛などを改善することにもつながります。

筋肉を鍛えるということは基礎代謝を上げることにもなるため、痩せやすい体づくりにもなるのです。

座った状態で丹田呼吸法を行うときは、上半身の筋肉を使って背骨を支え姿勢を正して行います。

さらに丹田に力を入れる呼吸により、お腹回りの筋肉も鍛えられるのです。

インナーマッスルを鍛えるトレーニングは、モーションが小さく地味なトレーニングです。

そのため正しいフォームで行わなければ効果がないためフォームをチェックしながら行うことが大切です。

【告知】
関節痛・関節炎にはグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸
https://グルコサミンとコンドロイチン.jp/

丹田呼吸法ダイエット姿勢

関連記事

  • 【盲点】妊娠していないのに妊娠した?っと言われ、美魔女になるために毎朝●●●を飲みはじめました

  • 【マナラホットクレンジングゲル】簡単に肌に透明感と話題!●●●が急上昇!メイクに力を入れてもダメ!

  • オッパイが小さいのは遺伝です、太った原因も遺伝です!効率のいい科学的分析による●●●ダイエットを試してみよう!

  • もち麦ダイエット!虻川美穂子さん、信江勇さんも実践で爆発的人気!!

  • 「痩せる菌」と「太る菌」、腸内フローラダイエット・菌活はじめませんか?

  • 塩風呂ダイエット:汗ダラダラ・・・脂肪燃焼効果や発汗作用に抜群